×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古物商免許を取得してもっと稼ぐ

中古品の売買が流行ってます

サラリーマンなどの所得が伸び悩む時代だからでしょうか、それとも既製のものではなくもっと個性的なものを人々が欲するようになったからでしょうか、中古品の売買が盛んです。

インターネットを開けば、ヤフーオークションなどのネットオークション。行楽地などへ行けばフリーマーケットが開催され、盛んに中古品の売買がなされています。

ネットオークションやフリーマーケットだけでなく街中ではリサイクルショップもよく見かけるようになりました。中にはチェーン店のリサイクルショップもあって大変人気があります。

中古品の売買が盛んになる流れは、とても素晴らしいことですね。なぜなら、今までの使い捨ての文化によってゴミ問題も深刻になっています。また、資源枯渇という問題もあるからです。環境にもやさしい、それも中古品の売買の魅力ですね。

古物商の免許が必要な場合があります

写真 ネットオークションやフリーマーケットで、自宅にある不用品を販売する場合古物商の免許は必要がありません。

しかし、利益を得る目的で中古品を仕入れてオークションやフリーマーケットに出展する場合は古物商の免許が必要になります。

ですから、例えばネットオークションで利益を得るために商品を購入して、転売する行為は古物商の免許を取得して、営業許可を受けなければならないのです。

物をいっぱい持っている人ならまだしも、生活ができるほど儲けたいと思うなら、仕入れは不可欠です。

写真 それでは、中古品を仕入れ転売する行為などは、なぜ古物商の免許が必要なのでしょうか?免許取得なんて面倒ですから気になりますよね。

古物商の免許が必要な理由は、盗品が換金されるのを防止することにあります。ですから古物商の免許の申請は警察署(公安委員会)で行います。

古物商の免許の申請には、申請書関係の他、さまざまな書類を提出しなければなりません。古物商の免許が受けられない類の人がいますので、書類で確認をしているのです。

先行き不透明なこの時代に古物商の免許を取得して、生計を立てるのもいいかもしれませんよ。社会貢献もできますし、毎日が楽しくなるかもしれませんよ。